仕事に追われている人の手

「さて仕事をしよう」と思っても色々なものに気が散ってしまい、なかなか仕事に手がつけられない、終了までに長時間かかってしまうなど、集中できないことがあります。

同じ仕事をしていても、時間に違いが出てしまうのは集中力の差かもしれません。

 

集中力がないと仕事に時間がかかってしまい、信頼されず、昇給もしない、いつまでも平社員のままです。

また、仕事が終わらないために自由な時間も取れず、心身ともに壊れてしまいます。

 

集中力は生まれ持った能力ではなく、周りの環境、習慣によって高めていくことができます。

もっと時間を有効に使い、人生を楽しく過ごすために集中力をつけるコツを学びましょう。

 

誰にでも集中力は備わっている

集中力は生まれ持った能力ではなく、個人のトレーニングにより鍛えることができます。

 

勉強や仕事に集中できなくても、漫画やゲームに熱中したことはないでしょうか?

周りが遅くなっても気づかずに外で遊んだことはないでしょうか?

 

集中すると長時間行なっていても疲れていないことがわかると思います。

 

集中力をつけるポイント

・マルチタスクをやめる。一つの物事にフォーカスする

同時に複数の物事を行うことはとても効率がよく感じます。

しかし、実際では一つのことに集中できていないため、精度が落ちたり、時間がかかったりしています。

 

例えば、英会話の教材を聴きながら車の運転をするとします。

教材に集中しようとすると、運転が雑になり事故を起こしそうではないでしょうか?

 

パソコンの画面にいろんなウィンドウを広げている人がいますが、これも同じことです。

いろんな仕事を同時にこなしていると自分に酔っているだけです。

 

・邪魔なものを目につかないところにしまう

仕事に集中しようとしても、視界に入るとどうしても気になってしまうものがあります。

そういうものは目につかない引き出しや押入れにしまってしまうのが良いです。

理想の仕事部屋は仕事のための机や椅子、ノート、パソコンのみが置いてある部屋です。

 

 

集中力をとぎらせる邪魔なものとしてはテレビや仕事に必要のない本、ペット、お菓子などが考えられます。

 

・机を整理する

机が汚いと仕事をする気が起きにくいです。

使わない書類は処分する、必要となる資料のみを机に出せるように引き出しを整理しておくなど集中し続けれる環境を作っていきます。

ノートとペン

 

・時間を区切る

どんなに集中力がある人でも、長時間続けることは困難です。

無理に続けようとしても、逆に効率が下がってしまいます。

適度に休憩を挟むことで、トータルして長時間集中することができます。

 

タイマーなどを利用して仕事を中断して休憩をとります。

この休憩も頭を空っぽにし、仕事のことを考えないようにします。

昼寝をしたり、ブラブラ散歩をしたり、瞑想したり。

とても頭がリフレッシュし、次の作業も集中して行うことができます。

 

・運動をする

疲れて寝てしまうのではないかと言われそうです。

逆に体を動かさないことで仕事中に眠気が襲ってきます。

軽い運動をすることで、ポジティブな感情になれたり、脳の疲れが取れたりします。

 

休憩時間に公園を散歩する。通勤・帰宅時に早足で歩くなどがおすすめです。

 

・睡眠をとる

睡眠をしっかり取ることはとても重要になります。

よく「徹夜で勉強した」「2時間しか寝てない」など不眠アピールをする人がいますが、自分のパフォーマンスを下げています。

徹夜で勉強しても頭には全く入っていないし、2時間しか寝ていないと日中の仕事に気が入らないです。

これでは全く意味がないことです。

 

睡眠の質も大切です。

真っ暗な部屋でぐっすり寝ることで翌日の集中力に繋がります。

 

・合間に間食を入れる

物事に集中しているとエネルギーを使います。

こまめにエネルギーを補給しないとすぐにガス欠になります。

 

ピーナッツ、カシューナッツ、カボチャの種などは集中力を高める成分が含まれているので、休憩の時に摘んで見ると良いでしょう。

 

集中力を味方につけよう

集中力をつけることは難しいことではないことがわかったと思います。

仕事のパフォーマンスは驚くほど上昇し、時間も効率に使うことができます。

集中することはあなたの収入や人生の充足感に直結する要素になります。

 



KOZ
/自己PR・経歴/

27歳。マーケター。起業・独立コンサルタント。

国立大学を中退。フリーター、会社員としてショップの店長を経験後、独立。

/SNS・LINE/

 

 

 

/メール・コンタクト/

 

 

 

/KOZが書いた記事一覧/
↓↓

http://universalmarketingjapan.com/tag/koz/