集中力がない、仕事の効率を上げて成功したい、と思っている人がいるのではないでしょうか。

 

仕事の効率を上げるには、適切な睡眠をとる必要性があります。本記事では、より良い睡眠の取り方についてご紹介します。

 

睡眠不足だとパフォーマンスが落ちる

仕事をたくさんしたい!というような理由から、睡眠時間を削ってしまう人がいますが、睡眠不足になってしまうとパフォーマンスが低下してしまいます。

具体的には、「集中力の低下」「記憶力の低下」「寿命が短くなる」というようなことに繋がります。

 

また、睡眠不足によって能力が低下していることは、自分では気がつかないという怖い面もあります。

 

仕事の効率を上げて、パフォーマンスをアップさせたい!と思っている人は、睡眠不足を避ける必要があります。

夜寝て朝起きる習慣をつける

仕事の効率を上げるためには、夜寝て朝起きる習慣をつける必要があります。

朝に起きることによって、「スッキリとした状態で作業ができる」「気持ちが明るくなる」「1日が長く感じられる」「健康な体を維持できる」などのメリットがあります。

 

そのため、仕事で成果を出すには、夜型ではなく朝型の生活を送るようにしましょう。

アップルのCEOティム・クックなど、成功している起業家の多くは朝型の生活を送っています。

 

深い眠りにつけるようにする

睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠があります。レム睡眠は、体は休んでいても脳が働いている状態です。ノンレム睡眠は、脳も体も休んでいる状態のことを指します。

スムーズにノンレム睡眠状態に入ることが、よりよい睡眠をとることに繋がります。

 

質の高い睡眠をとるためには、「寝る前はスマホを見ない」「昼寝をしすぎない」「日中にある程度の運動をする」ということが大切になってきます。

人によって適切な睡眠時間は違う

仕事のパフォーマンスを上げるためには、自分に合った適切な睡眠時間を知る必要があります。

一般的には、7〜9時間が理想とされています。しかし、6時間以下でも支障がない人や、9時間以上寝ないとしんどいという人などがいます。

 

自分に合った睡眠時間を知る方法としては、日中に眠気が襲ってこない睡眠時間を調べるということです。

 

睡眠時間を削ることが全ての失敗に繋がる

睡眠不足になってしまうと、集中力などが低下してしまうので、パフォーマンスが落ちます。

 

仕事の効率を上げたいと思っている人は、自分に合った睡眠時間を知る・朝型を意識する・深い眠りを意識するということが大切になってきます。

 



KOZ
/自己PR・経歴/

27歳。マーケター。起業・独立コンサルタント。

国立大学を中退。フリーター、会社員としてショップの店長を経験後、独立。

/SNS・LINE/

 

 

 

/メール・コンタクト/

 

 

 

/KOZが書いた記事一覧/
↓↓

http://universalmarketingjapan.com/tag/koz/