筋トレをしようとか、勉強を始めようとか思い立つことがあると思います。

最初は意気込んで始めるのですが、日が経つにつれ最初のパッションは薄くなり、

気づけば何もしなくなっています。

なぜ続けられないのか、自分の意思が弱いのかと自分を責めた経験がある人もいるかもしれません。

しかし、あなたが新しい物事を継続できないのは自然なことなのです。

人間の心理を理解し、意識的に行動をする事で、物事を継続する力が身につきます。

人間は無意識に新しい習慣を拒む

人間には元の状態に戻ろうとする力が働きます。

これはホメオスタシスという現象です。

あなたが新しい習慣を取り入れようとすると、無意識にそれを拒絶し、何もしていない前の生活に戻ろうとします。

これでは新しいことは始められないじゃないか!と思います。

新しい習慣を続けることはとても大変なことになりますが、一度完全に習慣化してしまえばそれが普通になります。

習慣化した物事はホメオスタシスによって変えることは困難になります。

新しい行動を習慣化させる

ではどうやってそこまで習慣化させるのか。

一番のポイントは新しい習慣は朝に行うことです。

新しいことを夕方や夜に行おうとすると、

「今日は仕事で疲れたから」

「仕事で遅くなったら時間がない」

となってしまう気がしませんか?

実際に朝に比べて夜に近くにつれ心身ともに疲労は増しています。

そんな中で新しいことを続けようとするのは難しいものがあります。

そして新しい習慣をしている自分を完璧に想像します。

人は想像したことは行動に移しやすくなります。

筋トレをしたいのであれば、何時からどんな服装で、何から何回行うのか。

勉強だったら、何時からどこで、どんなノートとペンを使うのか。

はっきりと想像できるまで想像してみてください。

何も考えずに始めるよりも体が軽くなります。

そして毎日同じ時間に行います。

今日は午前中に、明日は夕方からというようにしていると、忘れてしまったり、グダグダに終わってしまいます。

きちっと時間を決め、タイマーを鳴らして、毎日同じ時間に行うように心がけましょう。

自分が習慣にしたい行動を具体化させましょう。

「なんとなく毎日腹筋をする」ではなく、「どんな腹筋運動を何回何セット行うのか」はっきりさせます。

そしてそれを行う時間を決めタイマーを設定しましょう。

最終手段はペナルティー

どうしても続けられないときは、ペネルティーを貸しても良いかもしれません。

周りの友人に行動を続けることを宣言し、その時間になったらテレビ電話等で実況する。

もしサボってしまったら一人3万円ずつ払うといった感じです。

このように自分をあとがない状況に追い込むことも習慣化させる一つの手であります。

習慣は人生

いい習慣を持てば持つほど人生は豊かになります。

ぜひいい習慣のみを継続して行い、理想の自分を追求していきましょう。



KOZ
/自己PR・経歴/

27歳。マーケター。起業・独立コンサルタント。

国立大学を中退。フリーター、会社員としてショップの店長を経験後、独立。

/SNS・LINE/

/メール・コンタクト/

/KOZが書いた記事一覧/
↓↓

http://universalmarketingjapan.com/tag/koz/