比較的比べられることの多い、「商社業界」と「コンサル業界」。

どの業界にいくか迷っている方や転職を考えている方に向けてこの二つの業界を徹底比較してきたいと思います。

 

どっちが良いか比較しよう

どっちが良い??

 

コンサルとは??

コンサルについて調べるとコンサルティングファームやコンサルタントという言葉がよく出てきますが

前者が会社で後者は個人を指すというくらいのイメージでいいでしょう。

コンサル会社、いわゆるコンサルティングファームの業務内容は簡単に言えば

「企業の課題や問題を解決する手伝いをすること」ですが昨今の仕事の内容は、

プロジェクトごとにかなり多様化していています。

しかしクライアントを助けるというところは一貫しているところとも言えます。

 

商社とは??

商社とは何かということをこちらでも説明させていただきます。

商社は簡単に言えば「買主」と「売主」の中間に立ちモノやお金、保険、情報など様々なものを動かす仕事をしています。

具体的にこれだというものは無いかも知れませんが、儲かるようなことなら全てやるといっても過言ではないでしょう。

給料

給料の面では一般的にはコンサル業界の方が高いといわれていますが、そこまで大きな差はないとも言えるでしょう。コンサル業は商社と比べて歩合での給料の変動もあるので実力によってはたくさんの給料をもらうことも可能です。

適正

簡単に言ってしまえば

安定を望み競争をあまり好まないのなら商社。

実力主義の競争を好むのならばコンサル。

というイメージが大きな枠だと考えます。

あえてとてもおおざっぱな言い方をしたのは、結局は会社によって異なってしまうという点です。

どちらが自分に合っているのか、決められない場合にはやはり直接会社内部の人間、

それもなるべく裁量権のあるポジションにいる人から聞くことが一番早いです。

自分がイメージしていた雰囲気と実際の雰囲気が違うことなんてある種当たり前です。

そこはある程度だ仕方ないと考えるしかありませんが、

やはりそのギャップを埋める最大限の努力をすることは必至だと言えるでしょう。

 

まとめ

ここまでざっくりではありますが商社とコンサルの違いを本質的なところだけを抽出し解説していきました。

どのようなキャリアを選ぶのか、そしてどのようなキャリアを選ぶべきなのかという

命題の答えは簡単に見つけることはできないでしょう。

どのようなキャリアを選ぶにしても、自分の取り組み次第でその選択の優位性は大きく変わるし、

会社に入った後で合ってないと感じたらやめてしまえばよいのです。

自分の心の声に蓋をしてしまわなければ自ずと正しい道が見えてくるはずです。