時計

「タイムイズマネー」という言葉があるように時間とは有限でとても価値の高いものです。

しかし、多くの人は時間を無駄使いしていると感じます。

 

同じ時間を過ごしているのに成功する人、失敗する人がいるのは何故なのか。

ここでは成功者が考える重要な時間の使い方の概念を話していきます。

多くの人は時間の使い方をわかっていない

時間の使い方が上手な人は、仕事が早かったり、集中力が高かったりする人だと想像すると思います。

確かに仕事が早い人は、時間の使い方がうまいように見えます。集中力が高い人は、いろんなことを短時間で終わらせて時間を効率的に使っているように見えます。

 

しかしその取り組んでいる物事は、締め切りのある仕事だったり、プレゼンの資料作りであったりしたら、それは時間の使い方が上手ではなく、仕事を早く終わらせるスキルが高いだけにすぎません。

それらの仕事は「重要であり、緊急であること」に含まれます。

 

成功していない、いわゆる凡人はこの「重要であり、緊急であること」に多くの時間を使います。

仕事にすぐに取り組みたい、すぐ行動にうつせる人になりたい人

 

本当に時間を使うべきものとは

本当に時間を使うべきなのは「重要であり、緊急ではないこと」です。

それは例えば、自己成長のための勉強であったり、ボディメイクのための筋トレであったりします。

この「重要であり、緊急ではないこと」にどれだけ時間を使っているかで、時間の使い方の良い悪いが決まります。

 

ここで「重要であり、緊急ではないこと」の例をあげてみます。

  • 自己成長のための勉強
  • スキルアップのための視覚勉強
  • 健康維持のためのバランスの取れた食事
  • 体型維持のための運動
  • 美容のための手入れ
  • 部屋や机の掃除

 

大事なことでありますが、病気などで切迫している場合をのぞいて、そこまで急いで行う必要は無いように感じると思います。

 

しかし、健康を無視したアンバランスな食事を続けていると、肥満になり病気になり、働けなり、寝たきりになります。

 

自己成長を怠ると、会社の経営不振でクビになり、次も就職が決まらず、低賃金のアルバイトを続け、恋人にも捨てられて、最後は一人で寂しく死んでしまいます。

 

これはあくまで例ですが、そのような人生を進んでしまう可能性はあります。

今後の人生、将来の時間を有意義に使うためにも「重要であり、緊急では無いこと」へシフトチェンジを行なうべきです。

 

そんな時間は無いという人へ

そんなこと言われても、仕事がいっぱいいっぱいで時間を作れない!という声が聞こえてきそうです。

確かに私が会社員だった時もそう思っていました。

ここで考えてほしい時間が「重要ではなく、緊急でもないこと」をしている時間です。

 

テレビを見始めたら何時間も見ていた。

メールを見ようとスマホを開いたらSNSを1時間も見ていた。

移動時間はゲームをする。

これらは一般の会社員では重要ではないし、緊急でもないことです。

 

「重要ではなく、緊急でもないこと」が多い人ほど時間の無駄があります。

一日10分でも「重要であり、緊急ではないこと」をするだけでも成長があります。

今の時間の使い方を見直す

とは言っても会社からの仕事が多い。

時間が作りにくいという人とは今後の人生のために退職するという手があります。

「重要であり、緊急である」仕事をこなすことは当たり前のことであります。それを行うだけでは凡人なのです。

 

時間の使い方をちょっと変えて行くだけで、これからの人生が大きく変わっていきます。



KOZ
/自己PR・経歴/

27歳。マーケター。起業・独立コンサルタント。

国立大学を中退。フリーター、会社員としてショップの店長を経験後、独立。

/SNS・LINE/

 

 

 

/メール・コンタクト/

 

 

 

/KOZが書いた記事一覧/
↓↓

http://universalmarketingjapan.com/tag/koz/