起業で色々な試練に耐える覚悟を

起業で色々な試練に耐える覚悟を

脱サラとは、企業に属さずに独立し自分で会社を立ち上げる事を言います。
よくテレビ番組等で、脱サラし、ラーメン屋さんを営んで成功した。脱サラし資産家になった等色々な話しを耳にするかもしれませんが、脱サラして独立したからと言って、100%成功するとは限りません。
ましてや、今迄安定した収入を得ていたサラリーマンが独立し全てを自分で行っていくのですから、残念ながら失敗に終わる事も多いのです。
ここでは、脱サラしたサラリーマンが成功する為にはどんな事に気を付けなければいけないのかを脱サラする前に知っておきましょう。

まず抑えておきたい事は…

全く経験の無い事に手を出さない

という事です。
例えば脱サラしてラーメン屋さんを営んだら成功した。
喫茶店で成功したと、全く畑違いの職種で独立した人でも成功した人はいますが、これは運が良かったか、元々趣味で料理をしていた人です。
例えば、あなたは料理が苦手だったとした場合、脱サラしてフランス料理店を営んだとしても、繁盛する自信はありますか?
苦手な料理を一生懸命作って提供して、苦手な物を仕事にしなければいけないのですからあなた自身も苦痛を多く背負う事に成り、最終的にはサラリーマンの方が良かったなと思ってしまう様になってしまうのです。
ですから、自分がしたいと趣味で極めた物やサラリーマン時代に培ったノウハウや人脈を使える仕事で独立する事が成功の1歩となるのです。

そして、いざ脱サラし独立するとなった時には、少しでも早く周りに脱サラして独立する事を告げましょう。
そうする事によって、集客にも繋がりますし、一時は「脱サラするんだってよ」と話題の人に成ります。
話題の人になれば、周りの人から更に輪は広がりお客さんが来てくれる形になるのです。
それに、あなたの事をサラリーマン時代に評価してくれていた人は、職種次第ではあなたに仕事を依頼して来てくれる事にも繋がります。
脱サラする事が恥ずかしくて、周りに独立する事を告げない人も多い様ですが、言葉に出す事でどんな事でも集客に繋がると考え、自分自身が宣伝カーになるんだと考えましょう。

脱サラをして独立する時には、何よりも準備が必要不可欠です。
出来れば少しでも後ろ盾やスポンサーを作って独立すれば安心ですし、どうしても不安だと言う人はまずはサラリーマン生活をしながら副業で独立したら、成功への近道になるかもしれませんよ。
脱サラすれば大変な事も増えるかもしれませんが、今の会社勤めのストレスというのは無くなるはずです。
夢に向かってまずは一歩踏み出してみてくださいね。



rio

/自己PR・経歴/

名古屋の音大出身。卒業後販売員やOLを経験した後、起業し独立。
その人の目線に立って考える親身な対応が評価されている。

/SNS・LINE/


/メール・コンタクト/


/rioが書いた記事一覧/
↓↓

https://universalmarketingjapan.com/tag/rio